メジャーなタロット占い|姓名判断は姓名の画数から様々な運勢を読む!〜意外と当たるんです〜

姓名判断は姓名の画数から様々な運勢を読む!〜意外と当たるんです〜

メジャーなタロット占い

占い師

タロット占いとは神秘的な絵柄の描かれたカードなどを複数枚使用し、運勢を占断する占いです。

占いの種類としては卜術(ぼくじゅつ)と呼ばれ、西洋占星術などの運命的な部分を占う占いとは違い、短期的な運勢や現在はどのような状況であるかや、この先変化しうる未来などを見るのに適しています。
タロットの枚数はカードの種類によって様々ですが、メジャーなタロットでは大アルカナと呼ばれる22枚と小アルカナと呼ばれる56枚を合わせた計78枚を使用して占います。
タロットではそれらのカードをテーブルの上でかき混ぜたり、カードをトランプなどでするようにカットした後、スプレッドと言われる十字の形や五芒星の形に並べ、出来事を読み取ります。

絵柄にはあらか決まった意味がありますが、占い手のカードを読み取る力が増してくると絵柄以外のメッセージも直観で分かるようになります。
近年の占いの中でも最も良く知られている占術であり、身近な場所では書店の占いの本のコーナーでも販売されています。

絵柄についても様々で、動物、花、妖精、天使など実に豊富に種類が揃っています。
タロット占いは絵柄が重要なため、有名なアーティストやイラストレーターが作成に協力していることも多いので、時には芸術と呼べる域のカードもあります。

このようなことから占いを行う道具としてだけでなく、コレクションとしていろいろなタロットカードを集めている人もいます。