心理学に使われることも|姓名判断は姓名の画数から様々な運勢を読む!〜意外と当たるんです〜

姓名判断は姓名の画数から様々な運勢を読む!〜意外と当たるんです〜

心理学に使われることも

四つ葉のクローバー

夢占いも立派な占術の一つです。占いではありますが心理学的要素も持ち合わせた占いです。

夢を心理学に用いたことでは心理学者のカール・グスタフ・ユングが有名です。夢占いの解釈はこのユングの解釈を元にしているものも多いようです。
夢占いでは自分の内面的葛藤や抑圧された意識などが様々なシンボルとして夢に出現すると考えます。

例えばトマトが夢に現れた場合、単純に考えれば空腹なのだろうか?と考えますが、夢占いではトマトの赤い色や新鮮さは恋愛を求める心や情熱を表しているなどとされます。
また、例え同じトマトが夢に表われても新鮮な物でなかったり、とても食べたくないような色や状態であったなら、現在の恋に興味を失っている、もしくは恋愛などに嫌悪感を持っているなどと解釈することもできるのです。

また、夢占いでは普段の私達が物事に感じるイメージ通りではない解釈もあります。
例えば、夢占いにおいて殺されてしまった場合、日常の世界ではそれはとてつもない不幸ですが、夢占いにおいては殺害されることは生まれ変わりや苦境からの脱出を意味する場合があるのです。
このように夢占いの世界では一見、不幸に思える出来事も吉的な意味を持ったり、幸せに見えても不幸を表していたりします。

また、このような部分が夢占いの面白さでもあります。
占い的な要素に心理学的な知識もプラスされていますから、他の占いのグループに当てはめることは難しいですが、人の内面を探る学術的な占いと言えるかもしれません。